FC2ブログ

    SHINHYE WORLD JAPAN

    パク・シネちゃんのファンサイトです。(韓国事務所認知)シネちゃんを応援しています。

    スポンサーサイト

    Posted by admin on

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    「恋のじゃんけん」パク・シネ“何もせず観客動員数1000万俳優になった”

    Posted by admin on   0 comments   0 trackback

    shinhyesan



    女優パク・シネが「何もせず(観客動員数)“1000万俳優”になり、光栄に思っている」と話した。

    29日午後、ソウル永登浦(ヨンドゥンポ)区のTIME SQUAREでラブコメディ映画「恋のじゃんけん」(監督:キム・ジウン、制作:映画社グリム)のプレミアショーケースが開催された。

    パク・シネは「恋のじゃんけん」の前作である「7番部屋の贈り物」(監督:イ・ファンギョン)で1000万観客を動員した俳優になった。これに対してパク・シネは「私には意味深い映画だった」と話を始めた。

    彼女は「実は最初『7番部屋の贈り物』に出演すると言った時、知人たちに怪訝な目で見られた。でもやっぱり出演して『私の選択がよかった』と思った。二度とないチャンスだ」とし「精一杯広報したかったけど、監督やマーケティングチームが大人になったイェスンを観客にプレゼントしたいと言うので、広報から抜けることにした。当時はドラマの撮影も行っていたため、ちょうどよかったとも思った」と答えた。

    続いて「本当に私は何もしなかったのに1000万俳優になり、光栄に思っている。感謝する」と感想を語った。

    「恋のじゃんけん」は、韓国最高のアウトドアブランドKOLON SPORTが2013年に40周年を迎えて設けた、韓国最高の映画監督たちがそれぞれの視線と方式でブランドのスローガンである「Best Way to Nature」について語る「Way to Nature Film Project」の第2弾として制作された作品だ。昨年12月に公開されたソン・ガンホ主演の「青出於藍」(監督:パク・チャヌク、パク・チャンギョン)が「Way to Nature Film Project」の第1弾である。

    恋愛が苦手なウンチョル(ユン・ゲサン)と、そんな彼の理想のタイプの女性ウニ(パク・シネ)との物語を描いた「恋のじゃんけん」は、本日(4月30日)よりKOLON SPORTS公式サイトで公開されている。
    K-style

    俳優のユン・ゲサンが、『愛のじゃんけん(原題)』で共演した女優のパク・シネとパク・スジンの魅力について語った。

     ユン・ゲサンは29日、ソウル市内で行われた映画『愛のじゃんけん』のマスコミ試写会に出席し、取材に応じた。劇中、恋愛下手なウンチョル役を演じたユン・ゲサンは、パク・シネとパク・スジンのどちらが好みかとの質問に戸惑いを見せたものの、「パク・スジンはセクシーで、パク・シネは女性らしい」と答えた。

     続けて「パク・シネのファンだった。背が高くなっただけで『天国の階段』の時と同じだ。年を重ねるにつれさらに美しく神秘的になった」とし、「実際に会ってみて、想像通りだった」と話した。

     同作はアウトドアブランド「KOLON SPORT」の設立40周年を記念したプロジェクト映画で、同ブランドのスローガン「Your Best Way to Nature」の下に製作された短編映画。監督はキム・ジウンが務めた。恋愛下手なウンチョル(ユン・ゲサン)とウンヒ(パク・シネ)の初々しい感情を描いた作品で、30日、オンライン上で公開される。
    (マネートゥデー、アン・イスル)

    動画:








    cr.mydiary

    関連記事
    スポンサーサイト

    LEAVE A REPLY






    管理者にだけ表示を許可する

    TRACKBACKS

    trackbackURL:http://pshworld.blog.fc2.com/tb.php/35-abcea579
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。